鹿児島県真砂市の鍼灸整骨院nagasaki

スポーツ障害とは

使い過ぎ症候群とも言われ、運動により疲れた身体が十分回復されないうちに運動を行うことで起こるケースと、同じ部位を使い続けたために起こるケースがあります。
 
原因には、以下の例が挙げられます
①無理な運動 ②過度なトレーニング ③同じ部位の使い過ぎ ④休養や睡眠不足 ⑤栄養の不足
 
 
障害を防ぐには

スポーツ障害を防ぐのに一番大切なのは、自分の運動能力を知ることです。自分の状態を知れば身体を必要以上に酷使することはなくなります。特に中高年は若い頃に比べて体力や身体能力が低下していますから、運動前のストレッチや運動後のクールダウンは筋肉や靭帯などに疲れを残さないようにしますので必ず行いましょう。
 
休養や睡眠、栄養摂取もスポーツ障害を予防する上で欠かせません。運動後はしっかりと休養や睡眠をとって疲れを癒し、日ごろから栄養バランスのとれた食事を心がけることです。
 
当院ではストレッチ指導やトレーニング指導もしております。お気軽にご相談下さい。
スポーツ障害とは

使い過ぎ症候群とも言われ、運動により疲れた身体が十分回復されないうちに運動を行うことで起こるケースと、同じ部位を使い続けたために起こるケースがあります。
 
原因には、以下の例が挙げられます
①無理な運動 ②過度なトレーニング ③同じ部位の使い過ぎ ④休養や睡眠不足 ⑤栄養の不足
 
 
障害を防ぐには

スポーツ障害を防ぐのに一番大切なのは、自分の運動能力を知ることです。自分の状態を知れば身体を必要以上に酷使することはなくなります。特に中高年は若い頃に比べて体力や身体能力が低下していますから、運動前のストレッチや運動後のクールダウンは筋肉や靭帯などに疲れを残さないようにしますので必ず行いましょう。 休養や睡眠、栄養摂取もスポーツ障害を予防する上で欠かせません。運動後はしっかりと休養や睡眠をとって疲れを癒し、日ごろから栄養バランスのとれた食事を心がけることです。
 
当院ではストレッチ指導やトレーニング指導もしております。お気軽にご相談下さい。